当事務所内システムへの口座登録のお願い

税理士顧問先・記帳代行をご依頼のお客様

当事務所では記帳代行業務の実施にあたり、サービスの効率化、決算作業の早期化のため、クラウド情報を活用した会計システムを利用しております。

クラウド会計システムの活用により、貴社の金融機関やクレジットカードのデータを自動で取り込めることになり、貴社の記帳業務を早期化・迅速化が可能になります。当税理士事務所においても、このデータ連携機能をフル活用して、貴社の記帳業務の早期化をいたします。

つきましては、事業で使用される事業用口座、事業用クレジットカードがございましたら下記の手順に沿って当事務所内のクラウド会計システムへの登録を実施をいただければ幸いです。

※ 当事務所では内部システムとして「MFクラウド会計」を利用しています。

※ ご登録をご希望されない場合は登録手続きは不要です。従前どおり、通帳コピー・クレジットカード明細を紙ベースでお送りいただければ構いません。

 

登録いただく情報(連携対象)

  • 事業用の銀行口座
  • 事業用のクレジットカード
  • 事業用の電子マネー(ニモカ など )

 

実施いただく作業

下記手順により、事業用の銀行口座、クレジットカードの情報のみをご登録ください。

 

口座連携手順

具体的な手続きは、下記のステップに基づきインターネット上で設定をお願いします。

①メールのご確認

株式会社マネーフォワード(moneyforward)から送信されたメール「宮川公認会計士事務所様の顧問先として登録申請を受け付けました」をご確認ください。

メールに記載されたURLのうち、
「クラウド型会計・確定申告ソフト『MFクラウド会計・確定申告』をご利用の方」
をクリックしてください。

【送信メール例】

MFクラウド会計 フロー

②ログイン

メールアドレスとメール本文に記載された仮パスワードでMFクラウド会計にログインしてください。

記帳代行業務手順

 

③ データ連携

左メニューのうち、「データ連携」を選択する。

MFクラウド会計

④ 連携対象口座の選択

事業用として使用している口座を選択する。(事業用クレジットカード・事業用電子マネーも同様に設定)

※ 下図は福岡銀行を事業用口座として使用している場合

税理士

⑤ 銀行のID・パスワードの入力

各口座ごとのログインIDとパスワードをご入力ください。

MFクラウド

上記手順により、口座データ等の会計ソフトへの取り込みが可能となります。

 

記帳代行に必要な資料送付

上記の口座連携により、銀行口座やクレジットカードの自動取り込みが可能になりますが、紙ベース資料については別途送付いただく必要があります。紙ベースの領収書等については別途郵送または画像を送信ください。