会社設立支援サービスのご案内

当税理士事務所の会社設立支援サービスは、下記の3つのステップの流れとなります。

  1. 会社設立チェックシートの事前作成
  2. 会社設立の基本事項に関するご面談
  3. 会社設立手続きの開始

以下、各ステップ毎に説明します。

 

① 会社設立チェックシートの事前作成

当税理士事務所に会社設立支援サービスをご契約いただいた方には、事前に電子メールまたはFAXにて会社設立チェックシートをお渡しします。

事前課題として、次のご面談までに会社設立チェックシートを作成しておいてください。
(この段階ではわからない事項や決まっていない事項は未記載でも構いません。)

会社設立チェックシート

 

会社設立チェックシート(株式会社の場合)の記載にあたっては、下記をご参考ください。

商号(社名)

新たに設立する会社名をご記入ください。

  • 株式会社設立の場合には、社名の前後に必ず株式会社と記載する必要があります。
  • 合同会社設立の場合には、社名の前後に必ず合同会社と記載する必要があります。

本店所在地

本店登記する場所を記載してください。

事業目的

新たに設立する会社の事業目的を記載してください。将来的に行う予定の事業も記載しておいてください。

資本金の額

新たに設立する会社に出資する資本金をご記入ください。合わせて出資者も記載ください。

取締役・監査役

取締役、監査役に就任される方のフルネームと正式な住所をご記入ください。

取締役の任期

最長10年まで設定できます。

事業年度

会社の事業年度を設定します。法人の場合に自由に設定することが可能です。

会社印

会社設立時には、法人印鑑(3本セット)が必要となります。ご自身でインターネットでご注文されてもよいですし、提携する司法書士事務所に注文しても構いません。いずれにせよ、1万円程度で購入することができます。

設立希望日

会社設立を希望する日(土日不可)を記入してください。

 

 

② 会社設立内容のご面談

上記の会社設立チェックシートをもとに、ご面談いたします。会社設立にあたっての疑問点や質問などはこの場で回答します。

 

 

③ 会社設立手続きの開始

ご面談終了後、会社設立内容の基本方針が決まり次第、司法書士事務所に連絡し、会社設立手続き(認証、登記までの手続き)を開始します。

一度、司法書士事務所でもご面談することをお勧めします。

 

 

会社設立時の必要書類

会社設立時には、実印と下記の書類を別途ご準備していただく必要があります。

 

会社設立時の書類

法定費用等の実費

会社設立時に必ず必要となる法定費用は下記のとおりとなります。(福岡市の場合)

この費用は、公証役場(定款認証費用)、法務局(登録免許税)に対して支払われます。

 

 

福岡の会社設立は当税理士事務所へ

福岡の会社設立福岡で専門家による「会社設立のご支援」を希望される方は、お気軽に当税理士事務所へお問い合わせください。

上記のチェックシートをはじめ、各種様式を取り揃えてますので、ご安心ください。

 

会社設立に強い税理士

宮川公認会計士事務所

福岡市中央区天神2-8-36

092-791-1007