家賃支援給付金に関する情報

新型コロナウイルス対策の一環として、売上減少が直撃した事業者を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減する国の給付金の受付が開始されました。

法人に最大600万円、個人事業者に最大300万円を一括支給される助成金となりますので、飲食業の方をはじめ、新型コロナウイルスの影響で、家賃の支払で困っている事業者の方はご活用をご検討ください。

家賃支援

(経済産業省「家賃支援給付金に関するお知らせ」から抜粋)

 

国の給付金の申請サイトは以下のサイトからアクセスできます。(7月14日開設)

https://yachin-shien.go.jp/

 

支給対象となる事業者

支給対象となる事業者の条件は、下記の1~3のすべてを満たす事業者となります。

  1. 資本金10億円未満の中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者
    医療法人農業法人NPO法人社会福祉法人など、会社以外の法人も幅広く対象。

  2. 5月~12月の売上高について、
    1ヵ月で前年同月比▲50%以上
    または、連続する3ヵ月の合計で前年同期比▲30%以上

  3. 自らの事業のために占有する土地・建物の賃料を支払い

     

具体的には、2020年5月~12月の任意の期間に、前年度の売上と比較して単月で50%減少している事業者。または3カ月合計で30%以上売上が減少しているテナント事業者になります。

特に留意する点として、「2020年5月~12月という期間」となっていることです。既に申請受付されている持続化給付金は「2020年1月~12月の期間」が要件となっていて、両者には期間のズレがあるので要注意です。

 

申請サポート会場の開設

合せて当給付金の申請をサポートする申請サポート会場が、2020年7月15日から開設されるとのことです。

福岡市に、下記の3箇所の会場がオープンする予定です。

  • 福岡市博多区博多駅中央街4-8 TKP博多駅筑紫口ビジネスセンター
  • 福岡市中央区天神2-14-8 TKPガーデンシティ天神
  • 福岡市博多区博多駅前4-11-18 TKPガーデンシティ博多アネックス

上記のサポート会場を利用する場合には事前の「来訪予約」が必要とのことです。

 

なお、上記の給付金全般、条件等の詳細については、経済産業省のホームページ(外部リンク)をご覧ください。

https://www.meti.go.jp/covid-19/yachin-kyufu/index.html

 

福岡県の上乗せ支援金

福岡県では、上記の国の家賃支援給付金の給付を受けた事業者に対し家賃軽減支援金を上乗せして給付する措置を公表しています。基本的に、最大給付額として、法人60万円、個人30万円が上乗せされます。

詳細については、下記の福岡県のホームページをご覧下さい。

https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/yachin-keigen-fukuoka.html