freee/MFクラウド会計導入で使える補助金

補助金活用

新しい年度に入り、様々な補助金の公募が始まる季節となりました。

当税理士事務所にも補助金・助成金に関するお問合せが急増していますが、今回、4月20日付でクラウド会計などのITツール導入に利用できるIT導入補助金(平成29年度補正予算)の1次公募の交付申請の受付が開始されたのでお知らせします。

当補助金は、中小企業などが自社の生産性を向上させるためのITツール導入に使える補助金です。飲食店、卸売業、小売業、保育園、福祉・介護事業、運送業、宿泊業など、幅広い業界、業種で当補助金が活用できます。

平成29年度補正予算では、前年度から大幅に予算増額され約500億円が計上されています。採択企業数も約10万社が予定されており、補助金ゲットのチャンス到来です。補助額は前年度公募時より少なく最大50万円になりましたが、比較的獲得しやすい補助金となりますので福岡の経営者様もぜひチャレンジしてください。

福岡市

 

IT導入補助金とは

中小企業等の生産性を向上するため、企業のバックオフィス業務等の効率化、新たな顧客獲得等の売上の向上に繋がるIT導入を促進支援のための補助金になります。生産性向上を実現するためのITツール等の導入を検討しているときに便利な補助金となります。

補助金の概要は下記の通りとなります。

対象

中小企業、小規模事業者

 

補助金受給額

補助率: 対象経費の1/2以内

補助上限額: 最大50万円(下限15万円)

対象経費:ソフトウェア・クラウド利用費・専門家経費等

 

公募期間

現時点では、1次公募のみが公表されています。(2、3次公募は予定)

1次公募: 平成30年6月4日まで
2次公募: 平成30年6月中旬 ~8月中旬(予定)
3次公募: 平成30年8月中旬 ~10月上旬(予定)

 

税理士事務所からの支援

補助金スケジュール

(出典:平成29年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業・公式サイトより抜粋)

 

詳細は、下記の一般社団法人 サービスデザイン推進協議会(事務局)IT導入補助金ウェブサイトをご覧ください。

IT導入補助金ウェブサイト(公式)

 

クラウド会計でも利用可能

IT導入補助金では、会計システムをはじめ、バックオフィス全般のITツールにも利用可能となります。

福岡の事業会社様(法人・個人事業主)で、この機にこれまでの古い会計ソフトから、MFクラウド会計やfreee等の「クラウド会計ソフトを導入したい」といった企業にもオススメできる補助金になります。

また、初めて補助金を申請する場合も、代理申請の方式が採用されているので、申請しやすい補助金となっています。

MFクラウド

税理士からのコメント税理士からのコメント

当税理士事務所では、クラウド会計をはじめ、給与、レジ、経費精算などを含めた業務支援も行なっています。お気軽にご相談ください。

IT導入補助金で会計ソフト刷新なら

宮川公認会計士・税理士事務所では、前年度に引き続き当補助金の獲得に関するアドバイスも実施しています。

IT導入補助金などを活用して、現行の会計システム刷新をお考えなら、当税理士事務所にお気軽にご連絡ください。専門家(税理士)の観点から、システム刷新のお手伝いをいたします。

また、上記のIT導入補助金以外に、小規模事業者持続化補助金、事業承継補助金(後継者承継支援型)など、各種補助金の公募も開始されています。広告宣伝を検討されている方や事業承継をご検討されている方はお気軽にご相談ください。

 

福岡で補助金の相談ができる税理士事務所なら

宮川公認会計士・税理士事務所

福岡県福岡市中央区天神2丁目8番36号
天神NKビル8階

電話受付:092-791-1007 (9:00-18:00)