税理士コラム

税理士試験の簿記論とは

税理士になるためには
これから税理士を志すにあたって、税理士試験の簿記論の勉強は不可避となります。その他の科目と比較しても、圧倒的に計算問題が多く、この科目を苦手とする方も大勢いらっしゃいます。今回は、税理士試験のうち、簿記論の学習方法についてポイントとなるところをご案内します。

税理士試験の簿記のポイント

税理士試験の簿記論を受験するにあたり、何はともあれ基礎学習が重要です。簿記論の合格ラインは、一般的に60%程度と言われています。ただし、試験問題の配点は例年変更されるようです。つまり、配点によっては、試験問題のうち4割から5割程度の正答率でも科目合格を手に入れられる可能性もはらんでおります。ポイントとなるのは、試験問題のうち、大勢の受験者が正答している問題を落としていますと差がついてしまいうということです。

まずは手始めに簿記3級の勉強も

今までに税理士試験や会計・簿記の勉強経験がない方や一般企業における経理実務経験がない方にとって、いきなり税理士試験に挑戦することはハードルが高いかもしれません。

まずは手始めに日商簿記試験の勉強を行ってみるのも一案かと考えられます。簿記試験全般に言えますが、他の試験と比べて講義や参考書籍の種類が多様にあります。これらの簿記試験で基礎を固めてから税理士試験にチャレンジするのも良いかと思います。

問題演習を徹底する

他の国家試験と同様に、税理士試験は問題数が多いと言えます。制限時間ですべて完答することができないことも考えられます。他の受験者との競争に勝つためにも、できるかぎり正確に計算して回答していくことが望まれます。予備校のテキストや問題集で多くの問題を練習することで、本番の試験では、設問を見ただけで回答できる問題であるかどうかの判断も可能にになります。

以上、税理士になるには、まずは試験問題を制覇することが求められます。上記を参考にやはり毎日コツコツと勉強していくことが求めまれます。

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税理士試験の簿記論の一般的な学習法に基づき執筆しています。なお、文章表現を簡潔に編集している部分がありますのでご注意ください。

 

関連リンク